> 専門家 > “液体絆創膏”をご存知ですか?

2016.12.16

expert

“液体絆創膏”をご存知ですか?

絆創膏

 

皆さんは、“

液体絆創膏

”をご存知ですか?

 

まだあまり耳慣れない、聞き覚えがない方も多くいらっしゃると思います。

 

たいていの方は、ちょっとした傷の対応にテープの絆創膏をご購入されますが、液体絆創膏はその名の通り、「貼る」ではなく、「塗る」絆創膏なんです。

 

医薬品の液体絆創膏は、ひび割れ・さかむけ・あかぎれなど、冬の水仕事や乾燥によってできた傷に対して塗るイメージが強い、「軟膏」「塗り薬」と同じ場所に置かれることが多く、医薬部外品でも「塗る」というイメージから、どちらかというと一般的な「絆創膏」のイメージから遠い存在でした。

 

また、お客様への訴求も冬場をメインとしたものになりがちだったため、なかなか認知拡大が進まないカテゴリーでした。

 

液体絆創膏は透明のため、目立たず、水などの刺激から傷を守ります。

 

また指の関節など、通常絆創膏だと煩わしさを伴う箇所も気になりません。

 

特に女性に多い悩みの種は靴ずれ。

 

せっかく新しい靴を履いていても、靴ずれで痛い思いをしたり、絆創膏が見えてしまったり、なんてことは誰だって嫌なものです。

 

それを液体絆創膏は解決してくれます。 

 

便利なのに、お客様に伝わらないのはもったいない。

液体絆創膏を、もっとたくさんの方に知ってもらいたい。

 

そんな想いで、新製品開発に取り組み、満を持して発売するのが

ウォーターエイド

です!

 

 

ウォーターエイドの開発ポイント①「指定医薬部外品」

ウォーターエイド

 

ウォーターエイドは、「

指定医薬部外品

」のため、ドラッグストアや薬局・薬店だけでなく、スーパーやホームセンター、コンビニなどでも購入できるようになります。

 

通常の絆創膏棚にあれば貼るタイプにするのか、液体タイプにするのかを選べるようになり、お客様の選択肢が広がります。

 

 

ウォーターエイドの開発ポイント② 「業界初!“ハケ”タイプの指定医薬部外品の液体絆創膏」

液絆創膏

 

液体絆創膏には、直塗り、ヘラ付き、ハケ付きの3種類のタイプがあります。

 

その中でも、ハケ付きの商品は塗りやすさから市場の中でも伸びていますが、医薬品のものしかありませんでした。

 

ポイント①でもお話した通り、

医薬品だと売り場や店舗が限られてしまう為、「指定医薬部外品」であり、なおかつ使いやすい「ハケ」付きのものにしよう

と考えました。

 

マニキュアのように簡単に、手も汚さず塗れるので、誰でも使いやすい商品です。

 

 

ウォーターエイドの開発ポイント③ 「殺菌成分配合」

ばいきんやられ

 

医薬品の液体絆創膏との最大の違いは、

殺菌成分

」を配合していることです。

 

傷口から菌が入り込まないよう、殺菌消毒してから処置するのが通常ですが、なかなか消毒薬を常備しておくのも費用がかかるし、面倒なものです。

 

そこでウォーターエイドには、殺菌消毒に働く成分を配合し、殺菌消毒から傷口の保護までをこれ一つで出来るようにしました。

 

『使い方』

 

使い方は、至って簡単です。

 

患部の汚れを拭って清潔にした状態で、ハケを取り出して患部を覆うように直接塗り、そのまま静かに乾燥させてください。

 

これだけです。

 

塗ると一瞬しみますが、乾くと強い皮膜ができ、水やお湯などの外的刺激を通さず傷を守ってくれます。

 

 

幅広い用途に、年中活躍します!

ウォーターエイド 

 

透明で目立たず、強い皮膜が患部にぴったりフィットするため、水仕事も支障なくできますし、お風呂に入っても気になりません。

 

・「水仕事するのに手が痛いけど、手袋をしていたら滑ってしまう」という、調理関係のお仕事の方

・「爪周りにさかむけが出来ているけど、ネイル(マニキュア)をしているから絆創膏つけたくない」という女性の方

・「靴擦れして絆創膏貼りたいけど、見えたらカッコ悪い」という方

・「足に手に豆ができてしまったけど、感覚が鈍るので」というスポーツ選手

 

など、このほかにもさまざまな場面で、活躍してくれることと思います。

 

持ち運びしやすいボトルタイプで、カバンのポケット、化粧ポーチなどにもかさ張らずに入るので、「何かあった時」のために、1本忍ばせておくことをおすすめします。

 

【商品画像】

ウォーターエイド

公式サイトはこちら

ご購入はお近くのドラッグストア・薬局・薬店にてお買い求め下さい。

writer

SmileTree 編集部

家族の笑顔をまもるサイト「SmileTree」の運営スタッフが、悩みを解決し、生活を豊かにする情報を発信していきます!

back next

このページのトップへ