> 健康・ヘルスケア > 季節によって流行するさまざまな感染症。「感染経路」について理解を深め、しっかり予防&拡散防止!

2017.09.28

health care

季節によって流行するさまざまな感染症。「感染経路」について理解を深め、しっかり予防&拡散防止!


 

 
日常生活の中で注意したいウイルス性の感染症は、冬場に流行するインフルエンザやノロ(感染性胃腸炎)をはじめ、夏場に流行する手足口病、ヘルパンギーナ、咽頭結膜炎(プール熱)など、流行しやすい時期があります。
とくに、病気への抵抗力・免疫力が弱い子どもは感染症にかかりやすく、流行時期になると保育園や幼稚園で集団感染するケースも少なくありません。さらに、感染した子どもから家族全員にウイルスがうつってしまった……という話もよく耳にしますよね。
そこで今回は、日ごろから心がけたい感染症の予防対策とともに、家庭内で感染を広げないための対処法についてご紹介しましょう。
 
 

感染症の予防には……「手洗い+うがい+マスク」が基本

感染症を引き起こすウイルスは、さまざまな経路から私たちの体内に侵入します。
とくに、季節によって流行する感染症の多くは、「経口」「飛沫(空気)」「接触」による3つのルート(下表)で感染しやすいため、手洗い・うがい・マスク着用が予防対策の基本となります。
 
図1

 
感染症が流行する時期は、屋内外のいろいろな場所や用具(ドアノブ、玩具、便器、タオルなど)に、ウイルスが付着している可能性があります。
帰宅直後の手洗い・うがいはもちろん、食事や調理をする前、トイレやおむつ交換の後にも、石けんでしっかり手を洗うことが肝心です。さらに、感染者との濃密な接触は避け、家庭内でもタオルは個人で別々のものを使いましょう。
 

マスクの着用が飛沫感染(空気感染)を防ぐ有効な手段

また、飛沫感染(空気感染)を防ぐためには、マスクの着用が有効な手段となります。最近はさまざまな機能・形状のマスクが発売されていますが、感染症の予防には「ウイルスの遮断性が高い素材」+「ウイルスが侵入しにくい形状」のものを選ぶのがポイントです。
 
大木製薬から発売されている「ウイルオフマスク フルテクト」は、ウイルスの遮断効果にすぐれた四重構造(※1)に加え、抗ウイルス加工を施した不職布「フルテクト®」(※2)を使用。上下に広がるWプリーツを採用し、顔全体にフィットするため、マスクと皮膚のすき間からのウイルス侵入もガードします。
 

 
さらに、センターワイヤーがマスクを押し上げることで口元に空間を作り、息苦しさを軽減。夏場でもムレにくく快適に着用できます。普通サイズ(大人用)、小さめサイズ(女性・子ども用)の2タイプが用意されていますので、ドラッグストアや薬局でチェックしてみてくださいね。
 
(※1)微粒子および生体ウイルス遮断試験・バクテリアろ過率試験において、0.1~3.2μmの粒子の侵入を平均99%遮断することが実証されています。
(※2)抗ウイルス加工不職布「フルテクト®」は、加工していない布に比べて、ウイルス感染価を99%以上減少させます。
 
こちらの商品を実際に使用した女性に感想を聞いてみました。
 
■個包装になっているので、カバンの中で清潔に保管しておける
■装着部が外側なので不快感がない
■太いゴムを使用しているため、耳が痛くなりづらい
 
などなど…装着したときのつけ心地が良いという感想が多かったです。
 
 

感染症にかかったら……「感染経路の遮断+ウイルス除去対策」を


 
では、子どもや家族が感染症にかかったら、どのような点に注意すればいいのでしょうか。
 
まずは、急な発熱や発疹、下痢や嘔吐などの疑わしい症状がみられたら、早めに医療機関を受診しましょう。家庭内でも感染経路を遮断して、他の家族に感染を広げないよう「ウイルス除去(除菌)対策」をしっかりとることが重要です。
実際に子育て中のママさんたちに、家族が感染症にかかった時の対策について聞いてみると……、
 
◆使い捨ての手袋や、いらない雑巾をたくさん用意しておく
◆汚れ物は煮沸消毒するか乾燥機にかけて殺菌する
◆漂白剤を薄めて家の中のあちこちを拭いた
◆嘔吐されたタオルや布団は泣く泣く捨てた
◆感染者を別室に隔離して、近づくときはマスクをする
 
……など、拡散を防止するために、徹底した対策をとっているママさんが多いようです。とはいっても、いちいち漂白剤を薄めて家中を拭いたり、汚れ物を煮沸消毒したりするのは、時間も手間もかかってちょっと大変ですよね。
 
そこで、忙しいママさんにご紹介したいのが、二酸化塩素の働きでウイルス除去・除菌・消臭効果を発揮する大木製薬の「ウイルオフ除菌スプレー」です。二酸化塩素は強い酸化作用を持つ分子で、ウイルスや菌を酸化修飾して活動機能を低下させるため、ウイルス除去・除菌・消臭などの働きを有することが知られています。
 


 
二酸化塩素は不安定な物質のため、溶液としての長期保存はできません。長期保存しようとしたら濃度を高めに設定しなければいけなくなります。ウイルオフ除菌スプレーは、そんな二酸化塩素の特性を考え、必要な濃度で使いたい時にサッと作れるよう、タブレットタイプになっております。
まず、専用ボトルに水道水を入れ、付属のタブレット(錠剤)を溶かして二酸化塩素溶液を作ります(※3)。あとは、ボトルのノズルから気になる場所にシュッシュッとスプレーすればOK。
嘔吐物や汚物処理、トイレ、便座、キッチン用品、生ゴミ、壁面、床面、室内空間、ドアノブ、衣類、寝具、マスク、排水溝、ゴミ箱、タバコ臭、ペット用品……など、さまざまな場所にピンポイントで使用できます(※4)
 
(※3)二酸化塩素は不安定な物質のため長期保存できません。タブレット溶解後は30日以内に使い切ってください。
(※4)使用上の注意をよく読み、用法・用途を守って正しくご使用ください。
 
この商品を実際に使用した女性に感想を聞いてみました。
 
■スリムな形で収納の場所を取らないので主婦には嬉しいポイント!!
■タブレット1つで500ml作れて、たっぷり使えるところも魅力の一つです。

 
―― 以上、感染症のさまざまな対策についてご紹介しましたが、大人も子どもも体の免疫力が低下すると、感染症にかかるリスクが高くなります。普段から食事・睡眠・運動などで健康管理を心がけるとともに、感染症の予防対策や除菌アイテムを上手に取り入れて、家族みなさんで元気な毎日を送ってくださいね!

writer

SmileTree 編集部

家族の笑顔をまもるサイト「SmileTree」の運営スタッフが、悩みを解決し、生活を豊かにする情報を発信していきます!

back next

このページのトップへ