> 健康・ヘルスケア > ママさんたちのウイルス対策!お子さんたちをウイルスから守る方法!

2018.01.31

health care

ママさんたちのウイルス対策!お子さんたちをウイルスから守る方法!


 

 

ママさんたちのウイルス対策を取り入れて冬の生活を楽しもう

空気が乾燥してウイルスが蔓延するこの季節。ママさんたちが一番気に掛けるのはお子さんたちのウイルス対策ですよね。
そこで今回は、実際にママさんたちが行っているウイルス対策をご紹介したいと思います。
寒い冬こそ穏やかな家庭の時間を大切にしたいものです。
ママがウイルスや除菌のことばかり過剰に気にすることなく、冬の生活をゆったりと過ごせたら理想的。家族のために簡単にできる効果的なウイルス対策を取り入れていきたいですね。
 

ママさんが実践しているウイルス対策1:歯磨きを徹底!


 
ウイルス対策には、うがい、手洗いの他にも歯磨きが効果的だと聞いたので、わが家では丁寧に歯磨きをしています。
ウイルスは、口腔内の細菌が作り出す”プロテアーゼ”という酵素によって粘膜が破壊されることで侵入しやすくなります。
口腔内が汚れていると細菌が増殖し、プロテアーゼの量が増え、ウイルスに感染しやすくなります。
なのできちんと歯磨きをし、口腔内を清潔にするように心がけています。
(参考)日本訪問歯科協会HPより

また、子供がうがいを嫌がる時は、好きなキャラクターのコップや指人形を使って楽しくうがいができるようにしています。

 

ママさんが実践しているウイルス対策2:お風呂で乾燥対策も!


 
大切な手洗い・うがいは、適当に曲をつけてあらいましょ♪と歌いながら洗面台へ誘導したり子供用にかわいいコップをかってあげてテンションupさせて行っています。
またママにはバイ菌が見える設定で「汚いよーたくさんバイ菌がいるよー」と声をかけて洗ったらいなくなったねと誉めています。
その他にも、乾燥はあまり良くないと聞いたので冬場は加湿器を必ずつけるようにしています。
インフルエンザウイルスは、室温15~18度、湿度40%以下で活性化しやすいウイルスなので、お風呂のような高温多湿では生存率がかなり低くなり、死滅しやすくなるそうです。
なのでわが家は冬場は換気扇を付けずに湿度いっぱいにしてお風呂に入ります。
お風呂からでたら、十分な水分補給、部屋の加湿を行い、肌の保湿も十分におこないます。
この方法で、子どもも私も、熱をあまり出さずに毎年冬を乗り切っています。
 

二酸化塩素と電動ファンの力で室内のウイルス対策をしよう



 
効果的なウイルス対策としておすすめするのは、ウイルオフ ファンです。使い方はいたって簡単で、除菌剤と電池をセットしてスイッチを入れるだけ。
これで空気中に漂うウイルスの除去・除菌に活躍してくれます。除菌剤の成分が空気中の炭酸ガスと反応して二酸化塩素を発生させます。
この二酸化塩素は、ウイルスや菌を酸化し、除去してくれます。空気より重い二酸化塩素をより効率的に拡散させるために電動ファンがついているそうです。
 
ウイルオフ ファンはウイルスが外から家族と一緒に入ってくる玄関やリビング、子ども部屋などに置いて空間除菌してくれます。
60日間使用でき、取替用も販売されているので長く使えますね。単3アルカリ乾電池が必要となっているので、ご購入の際はご一緒に。
置き型のウイルオフ ファンはご自宅だけでなくオフィスでも活躍してくれそうです。書類や機器の多いオフィスでは湿度が上がりづらく加湿も難しいですよね。
働いているママさんであればウイルスが気になる場所に設置することで、心地よく働ける職場づくりを助けてくれるといいですね。
 
また、身の回りの空間除菌にはウイルオフ マグネットタイプもあります。家の中はもちろん、コンパクトなのでお子様の学校や塾など外出先にも、持ち運びしやすいですよ。
 
※1㎥または25㎥エリアの密閉空間におけるウイルス試験において、99%の除去率が証明されております。ただし、ご利用環境によって有効性は異なります。
全てのウイルス・菌に対して効果があるわけではありません。写真・イラストはイメージです。

 

ウイルス対策をして穏やかな家族団らんを過ごそう


 
寒さに震えながら仕事を終えて温かい家へ帰ってきたパパに、ウイルスが付いていたら、どんなに家の中のウイルス対策をしていても嫌ですよね?ウイルスのことを気にせず穏やかな気持で家族の団らんを始めたいママは、玄関のウイルス対策もしておきたいものです。
赤ちゃんがいるご家庭では、お部屋の除菌が気になりますね。おもちゃの清潔を保つために定期的に除菌したり、掃除機を毎日かけたりと、まめに対策されているママ友さんも多くいます。
ところが、ウイルスが蔓延しやすいこの季節、それだけでは空気中のウイルスが心配ですね。
家族が集まるリビングやダイニングでも、空気中のウイルス対策をするといいですよ。
家族とゆったり過ごす時間を大切にしたいので、我が家ではママが忙しく動き回らなくても良い環境づくりを心がけています。
ママさんたちのウイルス対策を参考にして、ママや家族の負担が少ない方法を取り入れていきたいですね。

writer

大浦香月

関西在住。1984年生まれ。
2歳半違いの元気な姉妹と毎日歌って踊って楽しく過ごしています。
幼児教育に携わってきた経験を生かして、子育てがもっと楽しく豊かになるような話題を共有していきます。

back next

このページのトップへ