> ライフスタイル > 【プチプラ手作り】入園・入学準備に!裁縫初心者でも簡単ガーゼハンカチ

2018.02.27

lifestyle

【プチプラ手作り】入園・入学準備に!裁縫初心者でも簡単ガーゼハンカチ


 
最近子供の入園準備を進めている筆者です。最近気付いたのですが、子供のポケットは小さいのでハンカチを持ち歩く時には一回り小さなものを用意しないとなりません。入園が近づくとどんどん準備するものに気付いて焦ります…。
ところでハンカチってとっても簡単なので、せっかくだから作ってみませんか?ハンドメイドが苦手なママでも直線縫いだけで簡単に作れるので、初めての手作りグッズにもおすすめですよ。
 

・必要なもの(完成サイズ18cm×18cm)

 
・好きな布
・お名前タグ
・ハサミ、縫い針、糸など裁縫道具(ミシンがなくても作れます)
 
今回はダブルガーゼ生地というものを使います。100円ショップにも売っていますが、手芸屋さんで必要な長さ分買った方が布を無駄にしないしたくさん作れてお得ですよ。
それから入園グッズに記名は必須。無地の布に名前スタンプを押したり刺繍してもいいですし、可愛い市販のアイロンシールに手書きでもOK。
 

・作り方

①水通しをする
 

 
ダブルガーゼは洗うと縮むので、まぁハンカチだし縮んでも使えればいいんですが一応頑張って縫った綺麗な形をキープできるよう水通しという作業をします。本来は一晩バケツや風呂桶の水に生地を浸けておいて、乾かしてアイロンをかけるという工程ですが、大雑把ママの筆者は洗濯機で洗いから脱水までやってしまうことにします。
 
 
②切る

20cmの正方形になるように生地をカットしていきます。表と裏で2枚必要です。筆者は表地だけ2種類の生地をつなげてみました。それぞれ1辺を1cmずつ長く切って、ぬいしろ1cmで縫いつなげばできますよ。(筆者は20cm×8cm、20cm×14cmの生地をつなげました)
名前タグはこの段階で忘れずに縫い付けましょう。

 
③中表で縫う
 

 
それぞれの生地の表面をくっつけて(中表といいます)、返し口を数㎝残し、ぬいしろ1cmで一周縫っていきます。画像では指を入れているところが返し口です。5cmくらいでしょうか。一周縫ったら、角を斜めに切り落とします。縫ったところを縫わないように気をつけましょう。
 
 
④ひっくり返して外周を縫う
 

 
返し口から反対にひっくり返したら、外側から3~5mmくらいのところを縫います。これで完成です。
 
間にもう一枚ダブルガーゼを挟んで6重ガーゼハンカチにしたり、裏面にタオル生地を使ってガーゼタオルを作ったり、レース飾りをつけたりとアレンジは様々。筆者の子供は早速自分で畳んでポケットに入れて楽しんでいます。お時間のあるときにぜひ作ってみて下さい。

writer

殊野真緒

1986年生まれ、東京都在住の1児のママです。
落ち着きがあり心優しい天使のような娘とふわふわおばさん猫と家族3人プラス1匹、楽しくドタバタ騒がしく暮らしております。
家庭の省エネアドバイザーはじめエコ系の資格と子供心理アドバイザーの資格、それから趣味の手芸と幅広い知識を活かしてママ目線でわかりやすい記事を書いていきたいと思います。

back next

このページのトップへ