> 健康・ヘルスケア > ちょっとした対策でポカポカに!血行促進で「冷え」を撃退しよう

2018.03.17

health care

ちょっとした対策でポカポカに!血行促進で「冷え」を撃退しよう


 
まだ肌寒い日もあって、この時期は「冷え」に悩まれているママさんたちも多いのではないでしょうか。
「冷え」には、その人の体の筋肉と脂肪の量が関係しているといいます。
筋肉には熱を作り出す性質が、脂肪には一度冷えると温まりにくいという性質があるそうです。
女性は男性よりも筋肉量が少なく、脂肪の量が多いことから、結果として「冷え」に悩まされやすいといえます。
「冷え」をそのままにしておくと、肥満や下痢、便秘、肩こりや肌荒れなど、さまざまな体調不良へとつながってしまいます。
出来るだけ早く「冷え」を改善するためには、何よりもまず体の血行を促進させることが大切です。
そこで今回は、ママさんたちが実際に普段の生活に取り入れている血行改善法をうかがいました。

 

「おまたカイロ」で子宮から温まる

 

 
まずご紹介するのは、「おまたカイロ」という方法です。
名前だけ聞くと少しびっくりしてしまいますが、どのような方法なのでしょうか。
 
まず、小さいサイズの貼るカイロを用意します。
こちらをショーツの上に貼り、その上から布ナプキンを重ねます。
なんと、これだけで「おまたカイロ」の完成です。
布ナプキンがなければ、毛糸のパンツや厚手のインナーなどで代用することも可能だそうです。
直接肌に触れる位置にカイロを置いてしまうと低温やけどになる可能性があるので、その時々で調整が必要とのことでした。
 
こちらをご紹介くださったママさんは、長い間冷え症とひどい生理痛に悩まされていたそうです。
その悩みをご友人の整体師さんにご相談された際、冷え症はもちろん、生理痛も血行が悪くなり体が冷えていることが原因なのではないか、とおすすめされたのが、この「おまたカイロ」でした。
実際に「おまたカイロ」を始めてみると、体が中から温まってくるような感覚があり、生理痛が軽減されたり、便秘が改善されたりといった効果も得られたそうです。
 
子宮や腸の血行が改善されると、痩せやすくなったり、妊娠しやすくなったりするという説もあります。
腰やお腹回りにカイロを貼っていてもなかなか冷えが改善されないというママさんは、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

お子さんと楽しく!お風呂でゆっくり血行促進

 

 
次にご紹介するのは、毎日のお風呂タイムを活かして血行を促進する方法です。
 
お子さんが小さいと、なかなかゆっくりお風呂に浸かることが出来ないというママさんも多いですよね。
こちらのアイディアをくださったママさんも、お風呂の時間にお子さんがおもちゃで遊んだり、バシャバシャとお湯で遊んだりしてしまい、ゆっくり湯船に浸かってくれないことがお悩みだったそうです。
そこで出来るだけ楽しく、そしてゆっくりとお風呂に浸かれるようにと考えたのが、お風呂タイムに歌やゲームなどお子さんの好きなことを取り入れることでした。
 
たとえば、「どっちが長くお風呂に浸かっていられるかなー?」とお子さんの好きそうな競争を持ちかけてみたり、「今日は肩まで浸かったままABCのお歌を歌ってみようか」とお風呂でしかできないことを提案してみたりされているそうです。
お風呂で歌うのはお部屋の中とはまた違った雰囲気になるようで、お子さんも楽しんでいらっしゃるとのことでした。
なるべく長く、そしてのぼせずにお風呂に浸かるためのポイントとして、お湯の量を少し少なめに調整しているそうです。
ゆっくりお風呂タイムをとっているおかげか、お風呂から出た後もしばらくは体がポカポカと温かく、一日の疲れも取れやすくなったと感じていらっしゃいました。
 
他にも、「入浴剤を選ぶ係」を当番制にするなど、お子さんと楽しくお風呂に入るための工夫をたくさん実践されていました。
お子さんとの楽しい時間が増えるうえにママさんの血行も改善できるなんて、素敵ですよね。
ぜひ、お子さんの好みに合わせて取り入れてみてはいかがでしょうか。
 

体の中からあたためる!温活成分ヒハツ+高麗紅蔘がおすすめ

 

 
さまざまな病気につながりやすい「冷え」ですが、実は西洋医学の観点でみると病気として扱われることは少ないそうです。
反対に、体の不調を根本から改善し、自然治癒力を高めることを目的とした東洋医学では、「冷え」は古くから治療対象として考えられてきました。
なかでも漢方は、日本の風土や気候、日本人の体質などに合わせて独自の発展を遂げてきたと言われています。
 
「冷え」対策に効果が期待できる漢方のひとつに、高麗人参があります。
高麗人参に含まれる「サポニン」という成分には、血管を広げ、血の巡りをスムーズにする働きがあるそうです。
 
こちらの「正官庄 高麗紅蔘茶 顆粒」には、その高麗人参の中でも最大の効果を発揮するといわれる「六年根紅蔘」のエキスが使われています。
顆粒状のため、直接飲むだけでなく、お湯や水などに溶かして飲むこともできます。
実際にこちらをお飲みになった方のご感想がこちらです。
 

■お湯に溶かして飲んでみましたが、香ばしい白湯のような感じ。苦くはなくて、少し甘みを感じます。味も気にならないので、これなら習慣にできそう。
1本1本包装してあるので、 持ち運びに便利だなと思います。
■とても細かい顆粒だったので、冷たい水でもすぐに溶けました。味や匂いもほとんどなく、どんな飲みものに入れても気にならないと思います。一つ一つのパッケージも小さめなので、外出先でも手軽に続けられそうです。

 
日々のリフレッシュも兼ねて、お茶などの時間に召し上がってみてはいかがでしょうか。

「冷え」を撃退してポカポカな毎日を

今回は「冷え」の悩みが改善されたというママさんたちが実際に取り入れている血行改善法をご紹介しました。
家事に子育てにと忙しい中、ちょっとした工夫で毎日元気に過ごせたらうれしいですよね。
「冷え」は万病のもとといわれることもあります。
ポカポカ体質を目指して、ぜひ参考にしてみてください。

writer

山口 きよみ

東京都在住。1988年生まれ。
2016年生まれの元気いっぱいの息子と10歳年上の夫と家族3人で暮らしている、ゆるめのワーキングマザーです。
趣味は読書と手帳と文房具集め。
元司書をしていたこともあり、最近は図書館に息子の絵本を選びに行くのがとても楽しいです。
少しでも皆さまのお役にたてるような情報を発信していければと思います。
よろしくお願いします。

back next

このページのトップへ